晩秋最低中最高

2014年11月14日

金時

878ed757.jpg
堺でお世話になった人が亡くなった。

おじいちゃんの時は、正直
気持ちの整理もつくような流れだった
けど、

つい最近までボンボン元気にやってた人の
急な死を体験すると、
1年や2年の付き合いでも
ガクッときた。がっかりだ。

ましてや、
長年連れ添った奥さんや家族の
突然の失いの気持ちなんて
想像を絶するに決まっている。


おじいちゃんが死んでから
たまに会うおばあちゃんも元気かなって
見てて
平気ではないんだろうけど
面目を保っていることがすごいんだ。

父親を失ったお母さんの気持ち
おじさんの気持ち
お父さんの気持ち
いとこの気持ち
兄弟の気持ち

そういう気持ちを
わかってあげたい気持ちは大切だけど
わかってあげたと思った時点で
僕のような経験ない若輩者は
失礼でバカ野郎でしかないだろう。


もう何書いてあるか訳わからんけど

学んだことは
今の自分が、人生において
できることをできるときに
怠らないようにする。


後悔は避けたくとも
後悔しなければ強くなれない未熟さ。


juntabouzu at 18:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晩秋最低中最高