一杯目透析食

2010年08月28日

二杯目

b922c0be.jpg

姫様が高速バスに乗る高松への通り道だったので
 
 
もう一軒うどん屋さんに行きました。
 
 
一件目は町の中の道沿いの店だったけど
 
 
 
二軒目の
 
 
がもう
 
 
と言うお店は
 
山や田んぼに囲まれたちっちゃい店でした。
 
店自体も見つけにくかったけど
 
なのに、15分くらいのお待ち。
 
駐車場が店の50倍の広さくらい。
 
どんだけー
 
 
さっきの日の出製麺所とも近くて
 
うどん巡りのコースみたいになってるらしく
 
姫様によると
 
「さっきの店にいた人がいっぱいいた」
 
とのこと。
 
 
 
エンジェルさんは一軒目でお腹いっぱいになったらしく
 
 
私は見てるだけにするー
 
 
とのことだったので
 
じゃあ大きめのを頼んで
 
エンジェルさんにも分けてあげようと
 
貼ってある値段表を見ていると
 
順番がきて
 
店に入ると「大、中、小」かだけ質問され
 
アンサーに応じたうどんだけを渡されて
 
レジに立つおばちゃんの前で
 
トッピングを選んで入れてから
 
お会計。
 
本にオススメされていたお揚げだけトッピング。
 
 
 
 
 
 
横のエンジェルさんも
 
うどんが入った丼を片手に
 
お揚げに加え
 
天ぷらまで一生懸命トッピングされていました。
 
 
 
僕はそんな姫様が大好きです。
 
 
 
それでも二人で500円。
 
 
 
部活で使うようなタンクを自分で捻って
 
冷たい出汁を入れ
 
 
 
天気もえかったので
 
外で食べてる人達がいっぱいいたので
 
僕もエンジェルさんと
 
自然に囲まれながら
 
つるつると美味しいうどんをすすりました。
 
温かい出汁に見えるけど
 
冷たい出汁じゃよー
 
お揚げさんも冷たい出汁にマッチしてました。
 
 
 
エンジェルが残したうどんも代わりに食べてあげたので
 
二人とも腹パンになりました。
 
ごちでしたー



juntabouzu at 11:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一杯目透析食